Allbirds × Watanabe's
藍染めシューズができるまで

Info | 2021.09.22

210922_allbirds04-min.jpg
 
環境への負荷をできるだけ少なくしたものづくりを追求する、サンフランシスコ生まれのファッションブランド〈Allbirds(オールバーズ)〉。日本伝統の藍染めを施した日本オリジナルモデル「WOOL RUNNER -Wanatabeʼs Japanese Indigo」が、9月17日(金)にAllbirds原宿と丸の内で店舗限定発売となった。
 
その製作の裏側について、藍染めブランド〈Watanabeʼs〉の渡邉さんと〈Allbirds〉の蓑輪さんに話を聞いた。

210922_allbirds05-min.jpg

Watanabeʼs/渡邉健太さん(写真左)
徳島県上板町を拠点に、藍の栽培から商品製造まで行う。日本の伝統を残しつつ、新たな機軸で藍を伝えるべく、幅広く活動している。
 
Allbirds/簑輪光浩さん(写真右)
Allbirds Japanマーケティング本部長。国内外のさまざまな企業や国際イベントなどでマーケティングや商品開発に携わり、2019年より現職。

 
 
210922_allbirds03-min.jpg
 
Q. なぜ藍染めを取り入れようと思ったのですか?
 
A. 蓑輪さん:Allbirdsのものづくりは、できるだけ天然素材を使用しています。それに、私自身は「From Japan to World(日本から世界へ)」というコンセプトがいつも頭にあるんです。そしていろいろ考えた結果、日本の天然藍を用いるのが最適だと思ったんです。すでにAllbirdsの海外ブランチでも好評で、"次はウチでも販売したい"なんていう声もあがっているんですよ。
 
A. 渡邉さん:江戸時代まで遡ると、デニムを染めている合成藍ではなくて、蓼藍で染めたものが日本人の一般的な"インディゴ"だった。それを知って感じてもらえたら嬉しいですね。
 
 
Q. なぜAllbirdsとWatanabe'sが組むことに?
 
A. 蓑輪さん:渡邉さんは、蓼藍を育てるところから商品の製造まで一気通貫していて、ものづくりに責任があるところが素敵だと思いました。私たちは環境再生型農業に力を入れていて、天然素材を育む要素である土がもつ力を大切にしているところも意気投合しましたね。
 
A. 渡邉さん:もともと地域のつながりを大切にし、その場所に合ったものづくりをしたいと思っていたんです。となりの養豚農家さんが糞尿の処理に困っているという話を聞いたので、今はそれらを堆肥にして土づくりをしています。産業廃棄物やロスみたいなものが減り、コミュニティにひとつの良い循環をもたらすことができたのではないかと思います。 
 
210922_allbirds02-min.jpg
 
Q. 天然藍の魅力とはなんですか?
 
A. 渡邉さん:合成藍は石炭を原料にしてできていて、私たちの藍は植物が原料。色名は"インディゴ"と同じでも実際は別物なんです。今回染めたウールのシューズと天然藍はとても相性が良くて、彩度が高い美しい藍色がよく感じられる仕上がりになったと思います。玄関で見るときや、履いて屋外を歩いているときなど、光の種類や角度で色の見え方も変わるので、天然藍の奥深さやおもしろさを感じてほしいなと思います。
 
A. 蓑輪さん:天然藍は色落ちするので、時間とともに色の変化も楽しめると思いますよ。それらをきちんと理解して購入してもらいたいと思い、今回はオンラインではなく店頭販売のみにしました。
 
 
Q. 藍染めシューズへの思いを教えてください。
 
A. 渡邉さん:土づくりから1年をかけて色を作っているというのを、こういうかたちで多くの人に見てもらう機会をいただけて嬉しいです。色も靴も育てる気持ちで、ぜひ長く使って楽しんでもらいたいです。
 
A. 蓑輪さん:本来は日本にも、ひとつのものを長く大事に使う文化が根づいていますよね。でも今、ファッションに関してはとくに消費する動きが強い。そんななか、作り手の思いを知り、色落ちなども含めて楽しめるシューズ「WOOL RUNNER -Watanabe's Japanese Indigo」に接してもらうことで、私たちのサステナブルなファッションや社会づくりに共感してくれる人が増えたらいいなと思います。

 
210922_allbirds01 -min.jpg
 
 


Allbirds
「人類が自然を発見した時よりも美しい自然を残したい」と考えるAllbirdsは、製品の素材調達から廃棄に至るまでに、どれくらいの温室効果ガスが排出されるか(カーボンフットプリント:CFP)を商品ごとに算出・掲載している。そして工夫を凝らしたさまざまな取り組みでカーボンオフセットを行い、将来的にCFPをゼロにすることを目標としている。

  
 
「Watanabe's 藍染ワークショップ」開催!
好きなものをご持参いただき、 Watanabe'sの藍で染めて楽しむイベントを開催予定。詳細はAllbirdsのSNSでお知らせしていきます!

日程:10月7日(木)~10日(日)
場所:Allbirds 原宿 & 丸の内
Instagram:@allbirdsjapan  
Twitter:@allbirdsjapan
 
*ワークショップのご予約はこちらから!
 
 

お詫びと訂正