Hakuba Valley、それぞれの時間  〜朝編〜
ROUTE HAKUBA VALLEY 【PR】

Travelog | 2021.02.15
  • ISSUESPECIAL
  • ROUTEHakuba Valley

  • PHOTO西山勲
標高3000m級の山々に囲まれた日本屈指のスノーリゾート、Hakuba Valley。上質な雪と、山々が生み出す豊かな地形による多様なゲレンデで知られ、ウィンタースポーツを楽しむ人にとっての憧れの地だ。今シーズンも、Hakuba Valleyの代名詞ともいえるパウダースノーを堪能するには十分過ぎるほどの雪が、すでに日本海からの季節風に運ばれて積もっている。
山々の麓、まさに谷あいに広がるHakuba Valleyには、良質な温泉や宿、ローカルな暮らしが垣間見える店など、身も心も豊かになるスポットが点在。Hakuba Valleyにせっかく滞在するなら、スキーやスノーボードを楽しむだけではもったいないのだ。
冬のHakuba Valleyステイの醍醐味を朝、昼、夜、それぞれの時間を切り取って、全3回にわたり紹介する。

DSC07233.jpg


夜の間中降りつづいた雪が、ふんわりと一面に積もるHakuba Valleyの朝。
淡い光をまとって空に広がる雲と大地をおおう雪がつくり出す、360度真っ白に染まった白銀の景色。
雪国特有のキリッとした空気を思いきり吸い込んで、Hakuba Valleyらしい朝を過ごしてみよう。




〈Morning point 1〉
朝一のパウダースノーでひと滑り


DSC05487.jpg



DSC04617.jpg

Hakuba Valleyの代名詞ともいえるパウダースノーを堪能するなら、朝イチの滑走がベストだ。まだ誰にも踏まれていない雪面を目指して、〈白馬八方尾根スキー場〉で8:00始動のゴンドラに飛び乗った。


DSC04860.jpg


ゴンドラとリフト2本を乗り継いで標高1830mの最頂部へ上がると、厚い雲で覆われていた空から、少しだけ太陽の光が差し込み、白馬の町が見下ろせた。向かいの山々の先には、雲海がかかっている。


DSC04770-Edit.jpg


バックカントリー用の装備をした人たちがさらに上を目指して登っていく。その様子を感嘆の目で眺めつつ、体を慣らしながら斜面を降り始める。最頂部からふもとまで最長で8㎞の滑走ができるのだ。
1本目は日本屈指の眺望を誇るリーゼングラートコースを滑り降りてみる。まだまだ人がまばらな時間帯、広々としたコースを独り占めしながら、雪しぶきを舞い上げてパウダースノーを楽しんだ。


DSC04986.jpg


白馬八方尾根スキー場は1998年の長野冬季オリンピックで会場として使われた。16の多様なコースがあり、上級者向けのコースが多いこともスキーヤーたちを惹きつける魅力のひとつだ。とくに最頂部からつづくコースは難易度が高い。
ほどよい緊張感をもちつつ、変化のあるコースを自分のペースで巡る。思わず身を委ねたくなるほどの新雪の雪面。


DSC05083.jpg

DSC04991.jpg

なぜHakuba Valleyの雪質が良いのか。それは北アルプスの稀有なロケーションの恵みによるものだ。日本海に立ちはだかるようにして連なる北アルプスに冬の季節風がぶつかることで、山脈の東側に広がるHakuba Valleyに豊富な雪が降り注ぐ。世界中のスキーヤー、スノーボーダーを惹きつけ、この地の代名詞ともいえる、パウダースノーを生み出しているのだ。

DSC05120.jpg


お昼前に最後の1本を滑ろうとしたとき、急に空が晴れ渡った。北アルプスの斜面に位置するゲレンデから、白馬村を挟んで向かいに連なる戸隠連峰を見渡すことができた。






〈Morning point 2〉
雪が降り積もる神社へお参り


DSC06608.jpg


DSC06578.jpg


白馬八方尾根スキー場の名木山ゲレンデのふもとに広がる民宿街を歩くと、大きな杉の木が鎮座する神社に出合った。ここ〈霜降宮 細野諏訪神社〉は、諏訪大社の分社だという。誰もいない早朝、厳かな雰囲気の中でお参り。


DSC06572.jpg

DSC06592.jpg


かつて白馬岳を目指した登山家たちが、八方の民宿に泊まり、この細野諏訪神社で安全を祈願して山へ向かったそう。


DSC04503-Edit.jpg


御神木は、幹回りが10m、高さが41mにも及ぶ樹齢1000年の大スギだ。1177年に、八田弥五兵衛という地元の者が献木下との伝承が残されている。






〈Morning point 3〉
絶景テラスでブレイク


DJI_0059-Edit.jpg


DSC07613.jpg


Hakuba Valleyには、南北約30㎞に広がる範囲に、10のスキー場が点在する。そのうちのひとつ、〈白馬岩岳スノーフィールド〉は、独立峰である岩茸山の斜面を360°生かしたスキー場だ。北アルプスの山峰と分かれているため、Hakuba Valleyのスキー場で唯一、北アルプスを正面に臨むことができるロケーションにある。


DJI_0067-Edit.jpg


ゴンドラに乗り、山頂に位置するノアの山駅で下車。そこから歩いて向かったのは、〈HAKUBA MOUNTAIN HARBOR〉だ。
標高1289mの山の斜面に突き出すようにして建てられたテラスと室内休憩所があり、晴れの日にはテラスから、雪をまとった北アルプスの山々を間近に眺めることができる絶景スポットだ。2019年に氷河認定がされた唐松沢雪渓も見ることができる。


DSC07070.jpg

DSC06973-Edit-2.jpg


ニューヨーク発の人気ベーカリー、「THE CITY BAKERY」が併設されているのが嬉しい。この日は、ホットチョコレート(880円税込)、ミックスベリースコーン(495円税込)、焼きマシュマロ(110円税込)をいただく。ホットチョコレートのほどよい甘みが体を内側から温めてくれる。まるでスノーボールの中のような銀世界の展望を眺めつつ、この後の計をめぐらせる。


DSC07153.jpg


北アルプスの山肌が雲の合間から少しだけ顔を覗かせてくれた。
次の記事では、冬の白馬の昼の過ごし方を紹介。




【紹介スポット】


白馬八方尾根スキー場
住所:長野県白馬村北城
tel:0261-72-3066(八方インフォメーションセンター)
リフト運行:8:00〜16:00(各リフトにより異なる)
https://www.happo-one.jp/




霜降宮 細野諏訪神社
住所:長野県白馬八方




HAKUBA MOUNTAIN HARBOR
住所:白馬岩岳スノーフィールド内、ゴンドラ「ノア」山麓駅からゴンドラリフト乗車約8分
営業時間:8:45〜16:30(HAKUBA MOUNTAIN HARBOR)、9:00〜15:30 L.O. 15:00(THE CITY BAKERY)
営業期間:ウィンターシーズン ~2021年3月28日(日)、グリーンシーズン 2021年4月末~11月上旬予定
https://iwatake-mountain-resort.com/hmh



  • ISSUESPECIAL
  • ROUTEHakuba Valley

  • PHOTO西山勲

お詫びと訂正