横山光輝・三国志の世界

Travelog | 2009.03.31
  • ISSUETRANSIT 1号 美的中国
  • ROUTE北京〜西安〜宝鶏〜漢中〜成都〜貴陽〜重慶〜武漢〜襄樊〜荊州〜赤壁〜杭州〜蘭渓〜上海

  • PHOTO佐藤健寿
何百年も読み継がれる「三国志」の世界を辿る旅に出た。歴史の大舞台は広大である。

貴州省で見かけた奇妙な瓦。古い漢民族のものとのこと。

道教の方士。キョンシーって本当にいるの?という問いにニヤリと笑ってくれました。

夏草冬虫と呼ばれる漢方。名の通り、夏は草のようになり、冬は虫になる不思議な生物だそう。

襄陽市の眺め。孔明はここに暮らしていたという説が有力。

「男が生まれようとも女が生まれようとも自然に任せるべきである」。一人っ子政策によって男児が優遇されてしまう悲しい現状へのプロパガンダ。

かつて_統(孔明と並ぶと言われた天才軍師)が過したと言われる建物の中。

曹操「この乱世、真の英雄は誰だと思う。」劉備「へえ誰でしょう・・・。」曹操「余と君だ!!」劉備(ギクッ!)というマニアックな名シーンを再現した石像。

劉備の生まれた楼桑村にて。中国史上最大の英雄の一人が生まれた村にしてはアピールは小さめ。

「サソリかい?バッタかい?」「じゃあサソリ一本!塩で!」みたいなやり取りは上海ではよくあること。

798芸術区のギャラリー予定地。



お詫びと訂正