幸福の扉を、押し開けろ!(2)

Travelog | 2009.03.31

昼間はキッズのアコーディオン選手権が開かれていた。カリブでは相当な速弾きテクニックが要求されるから鍵盤はボタン式が主流。

コロンビアノ国民的な帽子は、カウボーイハットをお茶目にデザインしたようなソンブロ。おみやげに最適。

音楽祭では一般人も好き勝手に演奏している。そしてみんな演奏がうまい。もちろんみんな酔っぱらい。このとき、まだ朝の10時だったんですが...... 。

コロンビア人は本当に心優しく、面倒見が良い。彼らは音楽祭で仲良くなったジャーナリストたち。日本人が取材に来たこと自体に大感激してくれた。

ビール片手に祭りを楽しむ中年たちの笑顔が、最も印象的だった。疲れることにまみれていないで笑顔を取り戻せ、日本の中年たちよ。

音楽祭のメイン会場。バジェナートのトップアーティストたちが集結して、とにかくアゲアゲなダンス大会。DJ OZMAどころじゃないんだってば。

ごく一般的なコロンビア男たち。何度も言うが、コロンビア人の人格は本当に素晴らしい。世界一温かい感情をもった人たちだと断言する。

遂に辿り着いたカリブ海、サンタマルタ郊外のレヨナ国立公園にて。もちろんビーチは面積の小さいビキニだらけ。じっと見つめても変態扱いされないから安心です。

旅の最後はキャンプしながらゆっくり、ほっこり。音楽、街、自然、人々......どれも素晴らしかった。コロンビアはもはや危険な国ではありません。以上、サンタマルタからお届けしました。それではキトの在本さ〜ん。



お詫びと訂正